アルバイトの交通費精算

アルバイトをしている方ならご存知の通り、交通費が支給されますね。交通費が支給されない職場もあるみたいですが、ほとんどの会社で交通費は支給されると思います。アルバイトを徒歩や自転車で通勤してる方は交通費はかからないですが、電車やバスなどの公共の手段で通勤の方は、交通費精算されないとかなり痛い出費になるはずです。中には片道1時間など遠い場所に通勤や、郊外や田舎の方だと車通勤の方もいらっしゃると思います。お金を稼ぎに行くのに、行くまでに500円も1000円もかけてられませんよね。公共交通機関を利用してる方は、必ず働いている職場に申請をしてもらって、交通費精算してもらいましょう。交通費が実費の職場も、ちゃんと相談してみれば全額でなくても、少しは負担してくれるかもしれません。職場の人にちゃんと話してみましょう。

交通費精算では経路の記録をしておく

事務担当者が隣の町や区の役所などに行くのに鉄道を利用する場合、それほどたくさんの鉄道を利用するわけではありません。下手をすれば乗り換えなしで往復することもできます。それくらいであればどの駅を利用してどれくらいの料金がかかったかなどについて特に記録する必要はありません。頭のなかで覚えておくことができます。しかし営業担当者となると毎日のようにいろいろなところに行きます。ある程度予定を決めていることもあれば、予定外で移動するようなこともあります。ある会社に行くときに必ずしも決まった経路を使うとは限らないのです。となると訪問先だけを記録していてもどのような鉄道を使ったかわかりません。交通費精算のためには、その都度記録をしておく必要があります。切符は回収されるのでメモを使って残しておくと確実に残すことができます。

交通費精算は現金で行なわれる

会社からお金を支払われる時としては給料があります。毎月25日などに支給されます。多くは銀行振込になっているようです。もらった感覚はありませんが、銀行残高が増えていると働いたのだと分かることができます。また金額が多い時は現金でもらっても管理が困ります。その後に預金をするのですから、振り込んでもらったほうが助かります。交通費精算はどのように行なわれることが多いかですが、ある会社では現金支払いで行なわれています。給料は働いた分のお金です。一方交通費に関しては社員が一時的に立替をしたものになります。ですからできるだけ手元に返ってきて欲しいのです。金額的にもそれほど多くないこともありますから、現金で渡されたほうがすぐに補充をすることができます。1週間ごとであれば、次の週にもそれを使って立替をすることができます。

交通費精算が行わる時は必ず事前に申請する必要があります。 1週間毎の申請の場合、毎週申請作業が入ることになります。 立替費用を早めに貰えるのは嬉しいですが、毎週申請作業が入ると、 その申請する作業自体に時間をとられてしまい効率が良いとは言えません。 そういう時間的なコストを解決してくれるものとして、PASMOやSuicaを利用した交通費精算システムを利用する企業があるようです。 こういうシステムは大体ICカードが行った先の情報を自動で記録してくれているので、経路や運賃をいちいちメモしていく必要もないですし、申請作業自体もシステムの画面から簡単に行えるようです。こういう便利なシステムは是非活用するべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)