交通費精算では電卓やそろばんで検算

昔の計算の道具として知られているそろばんですが、足し算であったり引き算だけなら電卓よりも速く行える場合があります。電卓のボタンをたたく手数よりそろばんのたまを弾く手数のほうが少なくて済むことがあるからです。そう言っても今多くの人が検算をするときは電卓を使うでしょう。経理部なら慣れていますが、一般の人はそれほど速く叩けません。交通費精算においては、それぞれの金額を表示させますが、それだけでなく合計でどれくらいになるかの表示があります。これについては申請する側が検算をしなければいけません。これをするときには電卓を使うことになるのです。その金額のお金をもらうことになりますから、きちんと計算をしなければいけません。電卓に関しては検算の間違いの可能性もあるので通常は同じ作業を2回行います。2回目は合計からどんどん引いていくなどして確認します。

交通費精算で検算はシステムや表計算ソフト

表を手書きで作成するとき、合計金額は表の数字を変更するたびに自分で変更しなければいけません。マトリクスの表であれば一つ変更する毎に縦計、横計、総合計全てを変更する必要があります。表計算ソフトでこういった表を作成すれば変更が自動的に反映されます。入力をするたびに自動的に加算されて表示されるようになっています。交通費精算においては、検算の必要がない仕組みがあります。表計算ソフトで行う場合は合計欄に一定の関数を入力しておけば合計を自動的に出してくれます。システムの場合はプログラムにおいて合計をするようになっているので、こちらについても自動的に出してくれます。申請をする人は自分で計算をする必要がないのです。入力をした時点で画面上に合計額が表示されるようになっています。検算だけでも数分の時間を短縮できます。

交通費精算の重要性について

今の時代は昔と違い、交通費については各人に法人用のクレジットカードを持たせて交通費精算は全て会社の経理が行うと言うシステムを導入している所があります。確かに営業マンにとっては日々忙しいので毎月何日迄に交通費精算を提出しないと支払いが遅れてしまうなど、気が付いたら月をまたいでいてかなりの額が溜まってしまったと言う事もあるかと思います。ですので営業マンの方にとってはなるべく事務処理の煩わしさが少なくそしてお財布への負担も少ない方法を会社が考えてくれる事を期待したい所ですね。恐らく今の時代サラリーマンの懐事情は決して楽ではないので幾ら後から返ってくるとはいえ、なるべく自分の負担はしたくない。精算を忘れてしまうと振り込みが翌月にずれてしまうし。と言う事ばかり考えてしまうと思います。結局の所はやはり法人用のクレジットカードシステムが1番良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)